Welcome to IDAC ME Home Page!!

東北大学加齢医学研究所 心臓病電子医学分野
東北大学大学院医工学研究科人工臓器医工学講座/ 医学系研究科内科学専攻心臓病電子医学
>Top page

血圧反射機能baroreflex

 血圧反射機能とは、ホメオスタシスの一種であり、自律神経機能を介した、血圧の値を一定の範囲に保持するための反射システム。血圧反射、動脈圧反射、圧受容器反射と表現されることもある。 本態性高血圧症の患者の一部では、この血圧反射機能の感受性の低下が高血圧の原因の一つになっていることが知られている。

 血圧を感知する圧受容器は、頚動脈洞と大動脈弓に存在し、血圧の変動を感知している。血圧が上昇すると、圧受容器が反応し、反射的に、心拍数が下がり、心筋の収縮力が低下し、動脈が拡張するので血圧が下がって正常値に復帰する。しかしながらある種の高血圧患者では、この反射の感受性が低下し、高血圧の病因となる。

 血圧反射の感受性は、血圧の変動に対する心拍数の変化などで診断される。すなわち、薬剤注射などによりを血圧を上昇させた際に、心拍数の減少を記録し、血圧の上昇量に対する心拍の反応で診断を行う。しかしながらこの方法では、心臓の血圧反射機能は診断できるが、血管系、動脈系の血圧反射機能は診断できない。

 そこで、血管の血圧反射機能を定量的に診断するために、最近では脈波伝播速度などから動脈の血圧反射機能を診断する方法も提案されている(心臓リハビリテーション14(1)108-114)

 心臓の血圧反射機能と、動脈の血圧反射機能を、独立して精密に定量診断できれば、高血圧患者の病態に応じた最適な医療が可能になる点で興味深い。 すなわち、心臓が血圧反射機能が不十分で血圧が上昇している場合の薬剤や食事指導の選択など、精密できめ細かい予防医療が可能になり、薬剤選択においても重要な知見をもたらすこととなる。

 薬剤や統合医療治療により血圧反射機能が改善した例も報告されているので、血圧反射機能の定量診断は、高血圧における薬剤選択に決定的に重要な診断基準になりうる可能性を秘めており、研究が進められている(日本統合医療学会誌1;28-32)。

 我々の研究では、ある種の薬剤投与で、心臓の血圧反射機能だけでなく、動脈の血圧反射機能が改善した症例も確認されており、よりきめ細かい高血圧治療のために、病態生理学的な精密診断は、最適な医療を行うためには、今後ますます必要になっていくと思われる。

Last modified:2009/12/01 16:44:24
Keyword(s):[血圧反射機能] [高血圧症] [本態性高血圧症] [動脈の血圧反射機能] [脈波伝播速度]
References:

Create  Edit  Diff  東北大学大学院医工学研究科人工臓器医工学講座 同大学院医学系研究科内科学専攻心臓病電子医学  Index  Search  Changes  RSS  Login

-
news
member
research
articles
publication
archives
link
加齢研MEのお友達循環器病院
access
page list
contact
JSRBP2015
IMJ2016
以前のトップページ

以前のトップページをお探しの方は,こちらをご覧下さい.

サイト検索

リニューアル後の内容の検索はこちらから.

最近の更新
アクセスランキング