Welcome to IDAC ME Home Page!!

東北大学加齢医学研究所 心臓病電子医学分野
東北大学大学院医工学研究科人工臓器医工学講座/ 医学系研究科内科学専攻心臓病電子医学
>Top page

加齢研、医工学の人工心臓の実績について質問が来ることがあります

Q.人工心臓を装着したヤギの生存が世界最長記録を達成したのはよい。加齢研は、人工臓器の検証施設として、我が国でどういう位置を占めているのか?

A. 国産の植込型人工心臓以外にも、東大の波動ポンプ型全人工心臓、北海道大学のバルボポンプ、杏林大学の人工心筋、ベイラー大学のジャイロポンプ、ドイツのメドスポンプ、さらに早稲田大学のロボット手術や、東海大学の人体アンテナ情報伝送など、様々な人工臓器・機器を用いて、加齢研は動物実験を実施、性能を検証・評価しており、人工臓器開発における国内外でのセンター的な役割を果たしている。

Q.補助人工心臓の臨床応用については、我が国で他の追随を許さない、圧倒的なものなのか? 

A. 日本は世界で唯一、国民皆保険制度のもとで、保険収載で、植込型補助人工心臓治療を受けることができる国である。この背景のもとに、加齢研が検証した植込型人工心臓の臨床治験結果は、1年生存率が83%と心臓移植に近い良好な成績である。世界的にみて、どの国の人工心臓の、どの報告と比べても、臨床成績は優れている。

Last modified:2012/12/18 12:41:09
Keyword(s):
References:

Create  Edit  Diff  東北大学大学院医工学研究科人工臓器医工学講座 同大学院医学系研究科内科学専攻心臓病電子医学  Index  Search  Changes  RSS  Login

-
news
member
research
articles
publication
archives
link
加齢研MEのお友達循環器病院
access
page list
contact
JSRBP2015
IMJ2016
以前のトップページ

以前のトップページをお探しの方は,こちらをご覧下さい.

サイト検索

リニューアル後の内容の検索はこちらから.

最近の更新
アクセスランキング