Welcome to IDAC ME Home Page!!

東北大学加齢医学研究所 心臓病電子医学分野
東北大学大学院医工学研究科人工臓器医工学講座/ 医学系研究科内科学専攻心臓病電子医学
>Top page

ANS   そもそも自律神経って何?  Autonomic nervous system

 医学の父と呼ばれているのは古代ギリシャのヒポクラテス(450?~370?BC)で、「観察こそ医学の基本である」と強調したと言われますが、ギリシャ文明の衰退とともにローマ帝国の全盛時代となり、「医学の皇太子」と、呼ばれるガレノスが実質的にギリシャ医学をまとめあげました。現在の解剖学の交感神経節や、迷走神経はガレノスの記載が歴史上最初と言われていますので、自律神経学はローマ帝国に起源があると言えるかもしれません。

 脳神経系は、人体の末梢と神経系を介して密接に結びついているわけですが、末梢より中枢へ興奮を伝える神経を求心(感覚)系(経路)、中枢から末梢へ興奮を伝える神経を、遠心(運動)系(経路)と呼んでいます。

 骨格筋を支配している遠心系、並びにこれと機能的に結合している求心系を体性神経系(Somatic nervous system)と呼び、意識に関係なく内臓を制御する神経系を自律神経(Autonomic nervous system)と呼びます。(Guyton AC, Textbook of Meical Physiology)

 自律神経系の末梢部は、交感神経系と、副交感神経系により構成され、主として胸腰部に中枢があるものを交感神経系と呼称し、中枢が中脳、延髄、及び仙髄にあるものを副交感神経系と呼称することに解剖学的にはなっています。

 主たる内臓は、交感神経と副交感神経の二重支配を受け、その多くは拮抗して働くことが知られています。(生理学通論、共立全書1972)

 自律神経系のシステムには、交感神経、副交感神経、腸管神経、副腎クロム親和性細胞として、神経堤細胞から分化したシステムとして一体化して理解することもできます(Promer on the Autonomic Nervous system)

Last modified:2009/12/16 16:21:36
Keyword(s):[自律神経] [交感神経] [副交感神経]
References:

Create  Edit  Diff  東北大学大学院医工学研究科人工臓器医工学講座 同大学院医学系研究科内科学専攻心臓病電子医学  Index  Search  Changes  RSS  Login

-
news
member
research
articles
publication
archives
link
加齢研MEのお友達循環器病院
access
page list
contact
JSRBP2015
IMJ2016
以前のトップページ

以前のトップページをお探しの方は,こちらをご覧下さい.

サイト検索

リニューアル後の内容の検索はこちらから.

最近の更新
アクセスランキング