Welcome to IDAC ME Home Page!!

東北大学加齢医学研究所 心臓病電子医学分野
東北大学大学院医工学研究科人工臓器医工学講座/ 医学系研究科内科学専攻心臓病電子医学
>Top page

Cardio Ankle Vascular Index (心臓足首血管指数;CAVI)

 日本人には心筋梗塞は珍しいと言われた時代は、そう昔のことではないが、近年の食生活の欧米化に伴い、循環器疾患は、本邦の疾病構造においても、次第に大きな領域を占める方向になりつつある。動脈硬化性病変等に起因する心血管イベントの増大傾向は最前線の臨床現場でも実感されるところであり、地方の基幹病院の救急現場における最重要な治療は、虚血性心疾患や脳卒中に対する救命救急処置になっているのが実態である。
 これらに対し、日本政府も、医療費の増大対策の意味からもメタボリックシンドロームに代表されるように予防医学的な方向へ対策の舵を切りつつある。予防医学領域における心臓血管病の診断と治療において、脈波計測の波形を用いて、脈波伝播速度(Pulse wave velocity;PWV)を初めとして、baPWV、ABI、CAVI、Augmentation Index(AI)など、様々な脈波パラメータが最前線の臨床現場に普及しつつある。

 動脈は、心臓から発生した血液の流れを末梢へ伝える。人間の心臓は、拍動により血流を作成しているので、脈波が動脈を伝播していくことになる。血管が硬い時は脈波の伝播は速く、血管が柔らかい時は、脈波はゆっくりと伝播される。従って、脈波の伝播時間を計測すれば、血管の弾性率について推定できるという原理になる。このような脈波における診断に関して、19世紀後半から既に脈波速度の報告が行われてきており、臨床的な意義付けについても数多くディスカッションされてきた歴史がある。
 しかしながら脈波伝播速度に関する科学的根拠や、医学的な意義付け、更に予後についてはまだまだ議論が必要であるのが現状である。
 特に、脈波伝播速度の血圧依存性は、開発当初からの課題である。
患者の診断時の血圧によって、脈波伝播速度の計測値が異なると、安定した計測が不可能になるという批判には、反論できないことになる。

 そこで血圧に依存しない動脈系の弾性パラメータのインデックスとして、京都大学の林らによりstiffness paremeterβの概念が提唱され、臨床応用が試みられ初めている。
    血圧に依存しないので、対象の計測時の血圧には影響されることはなく、患者固有のづ脈の弾性率が診断可能な方法論として注目される。しかしながらstiffness parameterβでは、動脈の径の計測が必要になる。  そこで考案されたのが、動脈径の計測式に、脈波伝播速度の計測の式を代入したCAVIの方法論である。

CAVIの最初の論文は東北大学により報告された。(1,2)


Health.jpg第十七回モスクワヘルスケア国際展示会

 現在、日本だけでなく、中国ロシアなどでも臨床研究が進み、2007年の12月にモスクワで開催されたロシアヘルスケア2007の国際展示会では、Smolensk State Medical Academyの全面的バックアップで展示が行われ注目を集めた。 対象の状態に本当に依存しないのか、議論があったが、その後、心臓移植の前後などの極端な症例でも、安定した計測が可能であるとの報告もなされた(2)。

 CAVIは、図のように、腕と足首にマンシェットを巻くだけの、全く非侵襲な簡便な方法論なので、臨床における動脈硬化診断に、高血圧などに対する最適な薬剤加療を具現化するフォローアップに、予防医学における生活指導に、幅広く普及が期待される。

References

  1. Yambe T, Yoshizawa M, Saijo Y, Yamaguchi T, Shibata M, Konno S, Nitta S, Kuwayama T.Brachio-ankle pulse wave velocity and cardio-ankle vascular index (CAVI).Biomed Pharmacother. 2004 Oct;58:95-8.
  2. Yambe T, Meng X, Hou X, Wang Q, Sekine K, Shiraishi Y, Watanabe M, Yamaguchi T, Shibata M, Kuwayama T, Maruyama M, Konno S, Nitta S.Cardio-ankle vascular index (CAVI) for the monitoring of the atherosclerosis after heart transplantation.Biomed Pharmacother. 2005 Oct;59:177-9.
Last modified:2008/02/06 17:10:15
Keyword(s):
References:

Create  Edit  Diff  東北大学大学院医工学研究科人工臓器医工学講座 同大学院医学系研究科内科学専攻心臓病電子医学  Index  Search  Changes  RSS  Login

-
news
member
research
articles
publication
archives
link
加齢研MEのお友達循環器病院
access
page list
contact
JSRBP2015
IMJ2016
以前のトップページ

以前のトップページをお探しの方は,こちらをご覧下さい.

サイト検索

リニューアル後の内容の検索はこちらから.

最近の更新
アクセスランキング