Welcome to IDAC ME Home Page!!

東北大学加齢医学研究所 心臓病電子医学分野
東北大学大学院医工学研究科人工臓器医工学講座/ 医学系研究科内科学専攻心臓病電子医学
>Top page

ドイツ出羽の神。

 まあ比較的、人工心臓の研究はちょぴっと珍しいので、時々、見学に来てくださる先生方も、たまにはいらっしゃります。

 少し前、東北大の脳磁図の研究の見学においでになったドイツ人医師の、奥様でもある医学生さんが東北大の人工心臓を見てみたいと希望され、夫妻で見学にお出でになりました。来ていただいて、びっくりしたのは、奥様はなんと日本人で、ドイツに留学後、むこうで医学部にちゃんと合格してドイツの大学の医学部に通っているとの由。うちの人工心臓や人工食道、括約筋などを、ご紹介し、施設や教室をご案内しながら、話しがてら向こうのシステムを聞いて、ちょっと驚きましたが、ドイツの大学の医学部は、600人くらい入学して、その三分の一が基礎医学の段階で、もう三分の一は臨床の段階で落第させられると言います。つまり、600人のうち、200人だけが卒業し、その他は医師になるのは、あきらめる。と、言う、かなり厳しいシステムに、なっていると言うのです。

 日本の医学部は100人くらい入学すると、多少留年しますが、上の学年からも留年してくるので、均して見れば、多少遅れてもだいたいは卒業していますので、国情の違いには驚きました。まあ、その分、日本では医学部入学の試験がかなり難しいわけですが、卒業段階の医師のレベルを保持するためには、ドイツ方式も良いかもしれません。

 そこで思い出したのが、私たちの医学生時代の厳しかった第1解剖学の教授でした。

 日本の大学では、医局に入局すると、先輩から、昔の話を聞いたりしながら、臨床のノウハウを様々な方面から学ぶことになりますが、私が習った研究室の医局の先輩が、学生だったちょうどその時代、ドイツ留学から帰国したばかりの、新進気鋭だったその肉眼解剖学の教授が着任してきたそうです。着任して来るや否や、突然、解剖学の実習、試験が例年になく厳しくなり、不幸にして、その学年から、一回目の試験では、ほぼ全員落第させられることになったそうです。

 「き、君たちは・・・、仮にも、医学部の学生たるものが、こんなことも知らないのね?」  「ドイツの学生はもっと勉強するのに、東北大の学生たるものが!?!?」  「ドイツの医学部はもっと厳しいのに、天下の東北大ともあろうものが!・・・じ、実に嘆かわしい」と、まじめで有名なその教授の慨嘆することしきり。

 帰国して教授に着任したばかりで、張り切っておられたこともあったのでしょうが、「ドイツでは」「ドイツでは!」「ドイツでは!」と、いつも二言目には、ドイツと比較して学生を怒るので、ついたあだ名が「ドイツ出羽の神!」

 もちろん、私たちの医学生時代にも、解剖学は医学部最大の難関と言われ、わたしももちろん、グループ全員で、あえなく一回目の試験は玉砕したものでした。

 それでも、さすがに追試験では、二回目ともなりさすがに少しは(かなり!)心を入れ替えて、相当気合いを入れて勉強したので、「今回は、前と全然違うね!」と、やっとこ、何とか進級をお認め頂けましたが、それでも今回のように、ドイツで基礎医学の段階で三分の一が落第し、医師の道をあきらめる。と、聴くと・・・、あれで精いっぱい、教授なりに、僕らに優しくしてくれていたんだ。と、20年目にして初めて教授の「優しさ?」を、理解することができたのでした。

 グローバルスタンダードを考えるとき、何がベストか考えていく必要性があるかもしれません。

Last modified:2010/08/16 23:26:12
Keyword(s):
References:

Create  Edit  Diff  東北大学大学院医工学研究科人工臓器医工学講座 同大学院医学系研究科内科学専攻心臓病電子医学  Index  Search  Changes  RSS  Login

-
news
member
research
articles
publication
archives
link
加齢研MEのお友達循環器病院
access
page list
contact
JSRBP2015
IMJ2016
以前のトップページ

以前のトップページをお探しの方は,こちらをご覧下さい.

サイト検索

リニューアル後の内容の検索はこちらから.

最近の更新
アクセスランキング